読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を観ました。

 ネタバレは多分あるのでまだ見ていなくてそういうのが嫌な人は見ない方がいいと思う。でもなんの説明にもならないし、感想の体もなしていない文章になると思う。色々思うことがありすぎてなにもまとまったことがかけそうにない。また書くかも知れないけれど、書ける気もしない。たった今見終わってそのままの勢いで今テキストエディタを開いてこの文章を打っている。

 今日、エヴァンゲリオンを見た。14年後のエヴァを、今日、見た。Qを観るまで極力インタネットから距離を置いて、Qの情報を遠ざけてきて、今回映画を観たので驚いた。まったく想像していない展開がそこに待っていたからだ。まさか劇中でも14年後とは思わなかった。と書いてから思ったのだけど、正確には、想像していなかった展開というよりも、今回のこの新劇場版の先の展開というのを殆ど想定していなかったらしい。だから、とにかく、まさかシンジ君だけが14年前のまま置いてけぼりになっているような状態を想定してなかった。今回のこの設定があるおかげで、俺はシンジがヘタレてうずくまり膝を抱え心を失う今回をすべて許容することができる。シンジは、あまりにも、あまりにも不憫だし、可哀想だ。これまでのエヴァで俺が許せなかったシンジを、今回は許すことができる。なぜミサトやリツコはシンジに大してあんな腫れ物を触るような態度を取ったのだ。それに納得がいくだけの理由があってほしい。14年。自分だけを置き去りに14年だ。シンジは好きな女をただただ助けたかったのだ。そうして助けたと信じたそのあとに、シンジの知らぬところでサードインパクトが起こった。世界は終わった。シンジが起こした。そうだ。その通りだけれども、だけど、それでも、それをシンジは知らなかった。14歳の少年は、好きな女の子を、ただただ救いたかったのだ。そしてミサト、あんたはその背中を押したじゃないか。どうして帰ってきたシンジに謝らなかったのだ。どうして。このQでなによりも納得がいかないのは冒頭の、シンジが帰ってきたその後だ。どうして誰も彼もがシンジを抱きしめない。納得のいく説明をしなかった。それがどうしても分からない。14年の空白に、できることならば理由があってほしい。今回のシンジは、余りにも、余りにも可哀想だ。14歳の少年なのに。エヴァンゲリオンは丁寧に説明をしてくれるような作品ではなかったから、次の最後の劇場版で14年の空白が埋まると思うのは余りに楽観的だけれど、そこが少しでも埋まって欲しい。きっと、14年という長い年月の間には、シンジが知らない、つまり僕ら視聴者がしらないなにかがきっとあったのだ。「シンジ君」ってミサトさんが呼んだあの声を、信じたい。「なんとかしなさいよバカシンジ」ってアスカが叫んだその声を、俺は信じたい。

 最後のシーン、シンジとレイとアスカが三人で、あの三人で、荒廃した大地を歩きだして、宇多田ヒカル桜流しのイントロが重なってきたとき少しだけ泣いた。俺は、この先の物語をずっと見たかったのだ。できることならば、あの三人の14歳の子供達に、幸せな未来が待っていてほしいと願う。エンドロールの最中にそれだけをずっと考えていた。もう、そんなことが可能なのかどうか、俺には分からない。想像がつかない。けれども、それでも、頼むから、あの三人が、物語の終わりに、笑っていて欲しい。笑いあっていてほしい。そうあって欲しい。心の底から願うよ。頼むよ。

 『DEATH (TRUE)2 』が公開されたその時、俺は丁度14歳だった。あれから14年が経ったのに、エヴァの新作が公開されていて、それを観て、こんな文章を書いている。当時同い年だった彼らの幸せを願っている。次は何年後だ。そのとき俺はいくつになっている。そして何を思うだろう。

 なんだか途方に暮れている。抜け殻になったみたいな気分だ。

■追記

 なんか少し落ち着いてきて、今思ったのだけど、シンジ視点で言うなら、やっとここからどうなるのか、なのかもしれない。14年、シンジはおいてけぼりにされていて、その間にアスカも、マリも、ミサトさんも、リツコも、マヤも、きっとみんな14年分いきて、前に進んでいて、つまりは以前のエヴァとはちがう、14年先に進んでいて、You can(not)redo、やりなおしは効かなくて、でもシンジはあんま結局変わってないような気はしてて、じゃあこっから、この先のシンジは、やり直しのきかない、この先は、って思ったら、やっぱり俺は、次が待ち遠しいし、もうずっとさっきからラストシーンがリフレインしてて、あんな美しいラスト見せられたらそりゃ、途方に暮れもするよって思うよね、だってずっと待ってたんだから。そりゃ、次が何年後になるかもしれない今、途方に暮れもするよ。ああ。

■さらに追記

 大切なことを書くのを忘れていたけれど、このお話の中で、唯一、アスカだけが、ちゃんとシンジを見ていたなって思ったし、俺はアスカのこと本当好きだなって思ったし、アスカが弐号機ごめん!って言ったシーンに、14年という月日を思ったし、俺はアスカがシンジの手を掴んだあのシーンとか、もう、俺は